【なぜ?なぜ!なぜ?!】

こんにちは! naokiです。

今日も元気にベックオンラインアウトプットです。

最後までお読みいただければと思います。

よろしくお願いします。

僕はベックオンラインスクールに入るにあたり、

トレンドブログのコミュニティーに所属しています。

このことについては、前回までの箱根番外編で触れたので、

そちらを一読していただければと思います。

それでこのコミュニティーに所属しているメンバーは、おそよ20名です。

およそと明記したのは、チャットワークに登録している人数が全員とは限らないからです。

このコミュニティは、今年の7月に始まりました。

そこから年末まで続くのですが、実際のところどれだけの方が残るのか。

ちなみに今現在確認が取れているのは、15名くらいです。

途中からチャットワークに参加しなくなった方や、初めから参加していない方もいます。

僕にはよく理解できないことがあります。

それは、

それなりの対価に対して、なぜに何もしないのか?!

所属することに満足してしまうのか。

所属して取り掛かって、違うと思ってそのままなのか。

僕にはよく理解できません。

そもそもなぜに、ネットビジネスをしているのか、しようとしているのか。

原点に戻るべきだと考えます。

戻るべき原点がないとしたら、その原点をここで作ればいいだけなのに。

と、そのようなことを小物の僕が言ったところでとなりますが。

そんな継続するのが困難な人のために、このベックオンラインがあるはずなのに。。。

それすら忘れてしまったのでしょうか?!

至極のコンテンツが多数、用意されているので活用しない手はないです!

とはいっても姿を見せない人たちは見せないのではなく、見せられないだけなのかもしれません。

なぜ見せることができないのか?

それを深堀していくと、きっと個人が抱えている問題に行き着くのだと思います。

個人の抱えている問題。なんだと思いますか?

人間が抱える問題は大きく分けて2つあると、僕は考えます。

「人間問題」と「金銭問題」です。

ここからお伝えすることは、もし僕がコミュニティーを運営するとしたらの話です。

そこを念頭に読んでいただければ。

まず、コミュニティーに参加するにあたって、その方の家庭訪問を行います。

当然相手が女性であったり、ご家族と住まれている方もいらっしゃるので、

その場合、極力それに近いシチュエーションで、必ずリアル対面をします。

またコミュニティーに参加していただく人数も上限を決めます。

それも少ない上限です。

1人の人間が見ることのできる範囲は、コンプリートできて10人だと考えます。

でも10人以上でしょ、コミュニティーって。

と思われる方。

確かにそうかもしれませんね。

ここで本末転倒になってもらいたくないのですが、

コミュニティーを運営するために開くのか。

参加者のためにコミュニティーを開くのか。

何のためかです。

城があって人が集まるのか。

人が集って城ができるのか。

似て非なるものですよね。

僕は断然、後者です!

だからたとえ人数が少なくても、大丈夫だと思いますよ。

慎ましくてもいいじゃない!

なぜか、コミュニティーの運営方法について述べさせてもらいました。

今回も最後までお読みいただきありがとうございます。

それでは、また次回。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする