【見られてなんぼのこの世界】

こんにちは!naokiです。

皆さんは、人に見られることを意識していますか?

今回のベックオンラインで配信された音声、

「指導者・有力者は皆様が思っている以上に見ている」

これを聞いて僕は、正直ドキッ!?としました。

ベックオンラインは、オンラインという特性上、

直接三浦さんに会うことはまずないんですね。

なので、結構のほほんとしていたのですが、

前述のこの「見ている」と聞いた時、正直ドキッとしたわけです。

勝手な憶測ですが、今回の受講者の中の

アウトプットランキングなるものがあるのではと。

(やばい、自分かなり下のランクにいる。いることを見られている。)

そんなわけで、見られる側としては、嬉しさ半分・危機感半分な感じですよ。

例えば、自分が取り組んでいるBUYMAで、

何かしらの素晴らしい結果が出たとします。

それを報告してブログやメルマガで紹介されて、

「naokiさん、すごいねー!おめでとう!」

のような内容だとしたら、それはそれは嬉しいわけです。

でもでも逆に、

「すごい!でも、そこに到るまでのアプローチ、雑!!」

と自分の想いとは違う内容がきたら、

正直あまりいい気分はしないと思います。

臆病になっても得することなんてない

ここです!

僕は、ここがとても重要だと思います。

いい報告だろうが悪い報告だろうが、それに対しての返信。

その時に自分自身がどう受け止めるかだと。

素直に謙虚に受け止めることができれば、(実際難しい!!)

これは大成長に繋がると思います。

そして一番よろしくないこと。

それは、見られていることを意識しすぎるあまり、

何もしない。

ただ受け流す。

なぜなら、見られるのが怖いから。意見されたくないから。

それはとても勿体無い!

僕だったらこんな状態になったらば、自問自答します。

「なぜこの高額なコミュニティーに参加しようと決意したの?」

「そもそも決意自体、できていなかったんじゃない?!」

このような振り返りをします。

そこで再度決意できれば、何もせずにいた自分と決別できるはず!

また見ている人の気持ち、三浦さんやこの業界の有力者の方が

なぜ情報のアンテナを張り巡らせているのかを考えてみました。

フェイスブック・メルマガ・ブログ。

これらを全方位でチェックして、

自分にどんどん吸収して、それを自分の経験してきたことに落とし込む。

そしてそれを自分の言葉として様々なことに転換して、発信していく。

おや?

これって、アウトプットですよね!?

見ていることは、とどのつまり、アウトプットに繋がっている。

すみません。自分の中で勝手に盛り上がり、この結論にたどり着きました。

進まざるは、退転。

この気づきを心に留めていきたいです。

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。

それではまた次回。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする