【自分を知ることは弱いことじゃない】

こんにちは! naokiです。

前回のブログでは、フェイスブックについてどのような発信をしていけばいいのか。

僕の中で心に刺さった3つのことを中心にお話させてもらいました。

今回はその前回の続きです。

フェイスブック登録者のうち、89%の方が観ているだけ(いわゆるROM専)だそうです。

この人たちをどのようにしてこちらに向かせるか!

あ、念のためにお伝えしますが、フェイスブックを『ビジネスとして使う』を

大前提にお話していきます。

そのためそれ以外の方には、ナンジャコリャ?!、と思われるかもしれませんが、

きっと普段のビジネスにもお役立ちいただけるはずです。

気づきをあなたに!

それでは、改めてどのように向かせるか。

「感情を揺さぶる発信」 と「投稿の中身のバランス」

副業の実績はまだまだこれからですが、(だから日々、絶賛取り組んでいます)

年齢は、40歳。

生きてきた40年、人生経験という意味では、僕よりも若い方々には

お伝えできることがあります。

それだけだとただのお説教をいう人になってしまうので、実績を作っていく中で、

発信していく時には絡めていきたいです。

その時にどれだけ感情を揺さぶる発信ができるか。

それを的確に捉えるためにも、

「投稿の中身のバランス」が大切だと思いました。

動画の中で、

『全方位発信』

という言葉を使われていました。

初めて耳にする言葉です。

限られた人ではなく、より多くの人に発信していく。

僕が仮に投稿するとしたら、どのようなバランスにするか。

考えました。

・マインド論、ビジネス論(本業と副業):40

・時事ネタ:30

・趣味:20

・仲間ネタ:10

僕はこのバランスを、朝起きてから寝るまでの1日を通して、考えてみました。

あまり趣味は多くないのですが、とことん突き詰める傾向があります。

ちなみに今の趣味は、散歩を通してその場所場所に居る人の生態研究。

マンウォッチングです。

それを通して、例えば「ああ、今年の流行りは〇〇なのね」とか、

「この世代の人には〇〇のブランドが似合うね」など、BUYMAにも活かせますからね。

仲間ネタは、あまり人付き合いはよろしくなく、

少なく深くの傾向があります。

そのため一番少ないバランスになっています。

このバランスチェックは、フェイスブック発信をされていない方にも、

お勧めできます。

自分という一人の人間がどのような割合で占められているのか、

何を優先順位にしているのかがわかります。

もし今後、僕がフェイスブックで発信をしていくとしたら、ポジティブ発信でいきます。

自分の弱さをさらけ出すようなネガティブな投稿であったとしても、

そこにどれだけの人に共感していただけるか。

それが、

『自分の弱さが、相手のファン化に繋がる』

ことだと、今回の動画を見て気づくことができました。

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。

それではまた次回。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする