【はるばるきたぜ箱根へ 後編】

こんにちは! naokiです。

今日も番外編と言うことで、箱根合宿の後編をお送りします。

前回までのブログ。

何とかセミナーを終えることができ、夕食で焼肉を食すところまできました。

きましたっていうと、なんかやっつけっぽいですね(笑)

番外編最後となる「箱根・後編」では、僕が今回の合宿で気づいた様々な気づきもお届けします。

さて無事に美味しい食事を済ませ、迎えのタクシーがくるまでの間、隣のコンビニで夜食を買い込みました。

ローソンだったのですが、お店のカラーが青でなはく茶色なんですね。

茶色のローソンなんて観たことなかったので、早速調べてみました。

ここでは電波繋がりました(笑)

それで調べてみると、

周りの景観に合わせているからだそうです。

普通のローソンのように青色でもいいのですが、自然との調和は大事だと思います。

景観を大事にするところといえば。。。

そう、

「京都」ですよね。

これも調べてみると、

全く違和感ないですね。

やはり箱根と同じで、その街にあったカラー・様式になっています。

世界に目を向けると、特に欧州はその傾向が強いですよね。

その最たるものが電柱の地中化、「無電柱」です。

フランスはパリ、何と無電柱化率「100%」です!!

それに対して東京は、「10%」

ただ、近年建てられている建造物については、「無電柱」の傾向にあるようですね。

東京ではありませんが、お隣神奈川県の武蔵小杉は、新建造物は全て「無電柱」です。

まさかローソンのくだりから、電柱の話になるとはですが。

話を戻します。

コンビニで夜食を買い込み、宿に戻ります。

僕の今回の目的の1つ、トップを走る人がどのような生活リズムなのか。

このために参加したといっても過言でない、今回の合宿。

なので、模倣することにしました。

さて、どいうふうに記事を書いていくのか。

気になる気になる。

仮眠をとってから取り掛かると言われたので、僕もそれに習い仮眠します。

が、この仮眠が何と5時間!

いや、普通の睡眠でしょ!(笑)

僕は1時間ほどで起き温泉に浸かったり、他のメンバーと語らったりしていました。

そして気がついたら、寝ていました。。。

早朝6時に目を覚ますと、隣では仮眠をとっていたトップランナーが、記事を書いています。

こういうところの積み重ねが、個々人の差となって現れるのだろうな。

そう、思わずにはいられなかった瞬間です。

でもよくよく聞いてみると、ここ数日間は2時間睡眠だったと。

記事をここで書きまくるぞー!と意気込んでいたけど逆にリフレッシュしちゃいましたと。

この話を聞いて思ったのが、

「休むのも戦い」

なんだと。

そりゃ人の体、限界はあるに決まってますから。

限界という言葉があるくらいだから。

作業ができないことを嘆くよりも、やらない自分を嘆こう。

あー、

こう振り返ってみると、1泊2日がかなり濃い時間でした。

朝食を食べて、バスが車での間は色々なことを想いながら、作業に没頭していました。

帰りのバスや電車、爆睡しまくりで気がついたら地元駅でした。

よしっ!

明日からも頑張ろうー

今回も最後までお読みいただきありがとうございます。

それでは、また次回。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする