【はるばるきたぜ箱根へ 中編】

こんにちは! naokiです。

今日も番外編と言うことで、箱根合宿の中編をお送りします。

最後までお付き合いのほどよろしくお願いします。

さて、前回は無事に宿泊施設につき、早速ワークじゃー!

と、意気込んだものの。

まさかのWi-Fiが使えないという事態。

追い討ちをかけるかのように施設の備品が中々の年代物で、

四苦八苦したところで終わりました。

そして今回は、同じアドセンスブログ同志のTさんによるセミナーから始まります。

Tさんは同じ状況下のもと、僕たちとスタートを切った訳ですが。

前月10月で1つの大台を突破します。

そこに至るまでのプロセスを懇切丁寧にお話してくださいました。

内容は伏せさせてもらいます。

独り占めしたいからという訳ではないですよ。

今後Tさんがビジネスとして発信されることを考え、そこで僕が提供させてもらえることになれば。

どーんと!放出します。

ただ1つ、言えることですが。

どんなビジネスであれ、マインドは絶対に必要不可欠だということ。

要領で楽をして行こうとすると、それだけの結果しか待っていない。

いみじくも厳しい内容でした。

「皆さんは何のためにそれを取り組んでいるんですか?!」

「何で・どうして・why???」

自問自答を僕たちに促してくれる、とても濃い素敵なセミナーでした。

そしてその後は、待ちに待った夜食事です。

タクシーに宿まできてもらいました。さすがに街まで1時間近くは歩けません。。。

それでどこに行こうか皆で話していたら、タクシーの方がオススメのお店を紹介してくださいました。

焼肉屋で、「みょうじん」というところです。

そして行きすがら、タクシーの方と様々お話をしたのですが、

なんていうか、

「ゆったりしている」。

うん、そんな印象でした。

箱根も同じ関東圏ですが、こうも自然があると人は穏やかになれるのか想いました。

いえ、日常がセカセカしているだけかもしれませんね。

さて、タクシーの方との会話であっという間につきました。「みょうじん」に。

素敵な外観、ロッジ風の店内は今日の気候にぴったりでした。

写真を撮り忘れたのは、内緒です。笑

そして、肝心の味はというと。

これが美味!!!

ビバ、美味!!!

久しぶりに美味しいお肉を食べました。

箱根という環境がそう思わせるのか、いな錯覚じゃない。もとい、錯匂ではないはず。

少し落ち着いたので店内を見渡すと、ピーク時間を過ぎたせいか割とゆったりしていました。

当たり前かもしれないけど、こうやって愉しんでご飯を食べるのが幸せ何だな。

そう感じた箱根は強羅の夜でした。

この続き(まだあります!)は、次回です。

今回も最後までお読みいただきありがとうございます。

それでは、また次回。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする