【はるばるきたぜ箱根へ 前編】

こんにちは、naokiです。

今日もベックアウトプットブログをお送りします。

ですが、今日は番外編です!

さて、昨日今日と僕は箱根に来ています。

箱根は高校生の修学旅行以来なので、20年ぶり近くでしょうか。

今回の目的ですが、僕が所属している「アドセンスブログ」のコミュニティの合宿です。

1泊2日ですが、学びまくるぞと!

意気込んで来たのはよかったのですが、

なんと!?

Wi-Fiが繋がらないという状況に遭遇してしまいました。

それならデザリングでと試みようとしたのですが、申し込んでいないことに気づき申し込んでみると、

なんと申し込みの適用が翌日以降と。

はい、持参したパソコンが弁当箱になってしまいました。

バビョーンですよ。バビョーン。

なので、本来であれば毎日お届けしているブログを昨日は上げることができませんでした。

逆にいうと、ちゃんと毎日あげているという証拠です。笑

そんなWi-Fiが繋がらない中、何をしたかというと記事を書きまくっていました。

自分が思いつくままにです。

文字通り、書き綴るという表現がぴったり。

ネットが使えない状況なので、ありがたみを知ると同時にどれだけ僕たちはネットに依存しているのかと。

知ることとなりました。

また他にも参加メンバーがセミナー講師をすることになっていたのですが、

プロジェクターがまさかの20世紀物!!

うん、これには驚きましたよ。

もちろん事前にプロジェクターを使用するので、準備を施設のスタッフさんに依頼していました。

が、それがどうも忘れられていたようです。。。

チーン。

プロジェクターを急ぎ手配してもらうようにしたのですが、1時間以上待つことに。

でも、みんな偉いです。

大人です。

クレームとか文句とか、言わないのです。

僕だったら、部屋のグレードをあげてもらおうかなー。とか、小狡い考えが出て来ます。

それで待つ間何をしていたのかというと、スケジュールを組み直していました。

想定していたことが、出来ないわけですから。

セミナー後は、晩御飯でタクシーを使って強羅へ行く予定でした。

どうやらお店がたくさんあるようです。

事前にタクシーを手配したのですが、

これが事前の手配でよかった!

タクシーが来るのも、2時間以上かかるということでしたから。

そんなこんなで、無事に?!機材が届きセッティングをするのですが、ここでも一苦労。

一言で言うと、施設の設備がひと昔のものなので、こちらが知恵を使ってアナログチックに準備する。

なかなか、ありえない光景でした。

でも貴重な体験でしたよー。

と言う訳で、中編へ続きます。

今回も最後までお読みいただきありがとうございます。

それでは、また次回。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする