【アツサが欲しいって!?】


あるよ!

こんにちは、naokiです。

あつーくなりたい!

「うおーっ!」吉田栄作ばりに吠えたい時がたまにあります。(世代は気にしません!)

でも一過性のものだと、長続きしないですよね。

面倒なことにあつーいのが継続すると、人間だもの。

絶対どこかで崩れてしまいます。

気持ちでは行けると思っていても、体がストップをかけてしまう。

これは僕自身が体験したことです。

それ以来、無茶をすることはなくなりました。

と同時に無理をすることもなくなりました。

無理と無茶

余談ですが、無理と無茶は違います。

僕個人の見解ですが、

無理は体の限界を理解しているのに、何かを行うこと。

無茶は体の限界を無視して、何かを行うこと。

理性があるかどうかがキーポイントだと考えます。

どちらにしても、自分の限界点を超えると何かしらの症状は出て来ます。

よくも悪くも。

それを気にすると、何もできなくなる。

その時の自分の感情の波で副業に取り組む。

これでは、自分が求める結果は出ませんよね。

仮にでたとしてもそれはラッキーパンチが当たっただけ。

そして、それを偶然と気づかずにフェードアウトしてしまう。

僕はそんな結果は嫌です。

このブログを読んでくださる皆様にも、そうなってもらいたくありません。

それじゃ、どうすればいいの?

ロボットになりましょう!

ただのロボットではありません、

『熱いロボット』です。

???

熱いけど、ロボット?

今回三浦さんから届けられた音声が、「熱いロボットになれ」でした。

熱いロボットになれ

自分が決めたこと。それをただひたすら、素振りのごとく行う。

毎日一日も欠かすことなく、継続する。

なんでもそうですが、1つの結果を出すには、量が必要になってきます。

取り組んでいる副業によって、量は様々ですが。

僕はBUYMAを副業として行なっていますが、毎日10品を出品しています。

ある一定の量を経験した結果、受注が入るようになりました。

今ではほぼ毎日、受注があります。

1発ホームランを狙った出品だと、ホームランは打てないでしょう。

それどころか、ホームランという結果が出ないから、辞めてしまうでしょう。

僕はそれが嫌でした。

だからホームランではなく、常に結果が出せるよう素振りを続けました。

1日10品の出品を。

1日に出品する量を増やせば、結果はそのぶん早く出ていたと思います。

でも僕にとって無茶ではない量が、10品でした。

だから僕は無理せずに継続できていると思います。

無理ではない、無茶ではない量が大前提ですよ。

そうでないのであれば、絶対継続できません。

その意味でも「自身を見据える」ことも日々継続ですね。

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。

それではまた次回。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする