【あなたの意識は何処ですか?】

こんにちは、naokiです。

今日もベックオンラインのコンテンツを拝聴しての

アウトプットをしていきたいと思います。

最後までお付き合いいただければ、幸いです。

今日のコンテンツですが、

「三浦さん、いつ寝ているんですか?」

です。

三浦さんのメルマガを読むとよくよく気づきます。

「この人は、よくもまあこんなたくさんの知識を持たれているなあ」

「書籍・テレビ番組・世論、様々な流行りを抑えているなあ」と。

で、僕少しだけ本気で思ったのが、

『三浦さん、六人説』

・・・昨今のおそ松さんの熱が、そう思わせたわけではないです。

いや、それくらいの情報量を持たれている、そんな印象を多くの方が

持たれているのではないでしょうか。

そして耳をそばだてながら、核心に触れるべく音声を聞きました。

それは、

ごめんなさい!

これは実際に音声を聞いてもらいたいです。

ごめんなさい。

でも、これだと読んでくださる方にあまりにも失礼なので、

僕なりに気づいたことをアウトプットしていきます。

情報に選ばれている?!

僕たちは、朝起きてから夜寝るまでに、様々な情報に触れています。

それが望む望まないに関係なく。

そのため、情報を選んでいるようで情報に選ばれてしまっている。

実は。

では、同じ情報でも選ばれる側から選ぶ側になるには。

どうすればいいのか。

スイッチです。

自分の意識をどこかにONすることだと思います。

埋もれているのであれば、それは無意識の状態にあるのかもしれませんね。

それをONするための方法論は、また別の機会として。

ONした(されたではないことが重要!)スイッチは、

同じ情報でも全く変わってくるのだと思います。

それはなぜか。

自分でその情報を様々な角度から吸収しようと、

意識できるからです。

副業で取り組んでいるBUYMAに活用できるか考えるだけでなく、

本業にも活かせないか。

BUYMAでの取り組みを本業に活かせないか。

「全方位意識発信。」

だと僕は考えます。

スポーツの例えがわかりやすいかもしれません。

野球少年がただなんとなく、大谷選手のフォームをみて、

「160キロ、やっベー!」と驚嘆するのと、

「自分と体格は違うけど、体をもっと柔らかくすればフォームに

しなやかさがでる。よし、ストレッチのメニューを一段掘り下げよう」

前者は「見る」で、後者が「観る」だとわかりますよね。

そして大事なことが、

「しなやかさがでる」という気づきを

「ステレッチメニューを掘り下げる」という実践をしていることです。

触れる量は同じであっても、質が違うのだと。

ただ、なんとなくではイカンですよ!

今回のブログの最後に、強く言葉に刻まれた言葉を。

『新しい挑戦なくして、成長はない』

成長がない。→ 現状維持 → 退化。

勿体無いですよね。人としても、ビジネスパーソンとしても。

今回も最後までお読みいただきありがとうございます。

それではまた次回。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする